玄関からこんにちは。プロの空き巣はセールスマン

仕事が休みで自分が家にいるとき、インターホンが鳴って玄関を開けてみたけど、外には誰もいないという経験をしたことはありませんか?

ただの悪戯と割り切ってしまえば終わりですが、その現象は空き巣の被害にあう前兆かもしれません。実際空き巣被害にあった人の声をもとに、いくつかその現象について紹介します。

実際あったことを知っておくだけで、その現象が起きた時に、「あれ?これってもしかして・・・」というような考えになることができます。その現象が起きた時、すぐに対応できるように頭の片隅に置いといてください。

空き巣がやってる侵入前の最終確認

セコムの資料請求はこちら(無料)

高齢者

空き巣が下見を終え、犯行に及ぶ前に必ず確認することがあります。

それは侵入予定の家に住民が不在かどうかです。

いくら侵入のしやすそうな家を見つけても住民が不在でなければ空き巣に入ることはできません。ほとんどの泥棒が最終確認として、その家の在宅状況を確認してから犯行に及びます。

空き巣だけじゃない!泥棒の3つの侵入手口を紹介!

侵入前の在宅確認方法

在宅確認方法はいくつかありますが、その中でも空き巣がよく行う確認方法をいくつか紹介します。

もし、自宅にいるときにこの現象が確認で来たら要注意です。

インターホンを鳴らして確認する

在宅確認方法として一番多いのがインターホンを押して確認する方法です。単純でほぼ確実に在宅状況を確認できます。

空き巣は下見をする際、スーツなどを着て怪しまれない工夫をしながら侵入する家を探しています。スーツを着ることにより、仕事中のサラリーマンのようにも見えますし、いざ在宅状況を確認するためにインターホンを押しても、飛び込み営業などのフリをしていれば怪しまれずに簡単に状況を確認できます。

もし侵入予定の家に住民がいても、玄関越しの人間が空き巣だとは思はないでしょう。そこで予定通り住民の不在が確認できたら侵入開始です。

施錠開け被害を防止する4つの秘密と1つの王道

外から家の中覗いて確認する

インターホンを押して確認する方法の次に多い手段が、外から中の状況を確認する方法です。

昼間の時間帯ならば、だいたいの家がカーテンを開け外から室内を確認できます。確認基準としては、人影が動いているかどうかで十分でしょう。夕方から夜にかけての時間帯ならば、電気がついているかどうかで判断することができます。

窓やドアに石をぶつけて確認する

こちらの方法は、「外から家の中を覗いて確認する」との合わせ技のような形で確認する方法です。

外から家の中を覗いてみたけど人がいるか正確には判断できない、というような状況の場合には、人がいそうな部屋めがけて小石を投げます。窓に当たった小石に反応して住民が姿を現せば、侵入は諦め、不在を確認で来たら侵入します。

郵便ポストを確認する

この手段はあまり確実性はありませんが、家の生活環境を確認するときなどの方法です。

郵便ポストを確認して、郵便物がどれくらい溜まっているのかを確認します。たとえば、郵便物があふれるほど溜まっているような家ならば、長い間不在の可能性が高まるなど、空き巣が下見をする際に確認するポイントです。

居留守をするのは絶対にやめよう

インターホンが鳴っているのに「面倒だから出るのはやめよう」と居留守を使ってしまう人は注意をする必要があります。

昼間にインターホンが鳴る状況といえば、宅配業者か営業、宗教の勧誘などが多く、宅配便が届く予定がなければ、後者のどちらかだろうと居留守を使いたくなります。

しかし、居留守を使うのは実はとても危険なんです。

侵入前の最終確認としてインターホンを鳴らした空き巣が、不在と勘違いして住民がいるにも関わらず侵入してくる危険性があるからです。

空き巣をするような人間が何を持ち歩いているかわかりません。住民と鉢合わせになった空き巣がパニックになり刃物などで襲い掛かってくる可能性も十分あるので注意しなくてはなりません。

防犯レベルが高いのはどっち?隣の家と比べてみる

防犯対策の一環で、隣の家がどのような防犯対策をしているのか観察してみると良いことがあります。

泥棒は下見をするとき、どの家に入ろうか歩きながら考えています。考えていることは、どの家が一番侵入しやすいかです。もっと細かく説明すると、どこの家が一番防犯対策していないかです。

防犯レベルが低いということは、自然と泥棒の目につきやすく、被害にあう可能性が高くなります。

そこで、隣の家と自分の家を比べてみましょう。どちらの家のほうが防犯レベルが高いでしょうか。もしも自分の家のほうが防犯レベルが低いのならば、隣の家より少しだけ防犯レベルを上げてみましょう。

泥棒が考えていることは、今も昔も、これからも変わりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.