二世帯住宅が空き巣に狙われる理由と防犯対策を徹底解説!

一見一般的な一戸建て住宅に見えるものの、内部が完全に独立していたり居住空間が2つずつある住宅を二世帯住宅と呼び、昨今ますます進行する少子高齢化社会に伴い従来よりも需要が増えています。

そんな二世帯住宅ですが、意外と空き巣に狙われやすいのをご存知ですか?

一般的に考えると、二つの家庭が一カ所に暮らしていることもあり空き巣が侵入する隙など無いように思えます。

しかし、実際はその『隙(油断)』を狙って空き巣は二世帯住宅をターゲットにすることが多いのです。

今回の記事では、なぜ二世帯住宅が空き巣に狙われやすいのかを説明していきます。

現在、二世帯住宅に住んでいる、もしくはこれから二世帯住宅に住む予定のある方はぜひ最後まで読んでみてください。二世帯住宅に住んでいるからこそ起きてしまう秘密について解説していきます。

二世帯住宅ならではの特徴

家族形態は様々なので生活スタイルは各家庭によって異なり、必ず誰かが家の中で過ごしていて誰も居なくなる事が無いという家庭がある一方、親の世帯がまだ現役であり子供の世帯と共に朝から夜にかけて留守にしているという家庭もあります。

そのように各家庭により異なる生活スタイルを念頭に置きつつ、住宅建築を進めていく事が完成後に程良いプライバシーを保ちつつ快適で安心な生活が営めるようになるのですが、それに合わせて計画しなければならない事柄として挙げられるのが防犯面についてです。

二世帯住宅は2つの世帯が一つの住宅で生活している事から、必然的に一つ屋根の下で暮らす人数は多くなります。

そのため、なにかしらが起きた時に人の目に触れる機会が多いからこそ異常があった時には「誰かが気付いているだろう」という根拠のない安心感を抱いてしまい、全員が他人に頼りきった気持ちで生活するようになり些細な物音や異変を気に留めなくなってしまうという危険な部分があります。

人数の多さが防犯意識を疎かにする

トイレや寝室などは二世帯分あるものの、玄関が一箇所で内部も共用部分が多いといった同居型の住宅ではくつろぐ時間帯に全員がリビングスペースに集合することが多くなります。全員がリビングスペースに集合しているからこそ他の部屋の異常に気が付けなくなります。

さらに、人の目が多いからと防犯意識が疎かになるだけではなく、二世帯住宅は人数が多くても窮屈にならないように広く設計されている事が多いので、物理的に離れていて異常な物音が聞こえない恐れが高くなるのです。

住宅の間取りによって注意すべきポイントが変わる

同居型でリビングスペースに集合し他の部屋から目を離す機会が多いという場合は空き巣の絶好のターゲットになってしまいますし、食事の時間や食後から自室に移動するまでの間が毎日固定化されている場合は尚更絶好のターゲットです。

かと言って防犯面のために個々が自室を中心として生活するわけにはいかないので、同居型の場合は防犯面を高めるべくあらかじめ建築時に各部屋に鍵を設けるといった対策を行いましょう。

玄関が2つあり内部も完全に分かれている分離型の住宅の場合は、尚一層根拠のない安心感を得てしまう事があります。

普段は顔を合わせないものの生活音のみは聞こえているといった状況が慢性化しているので、たとえ空き巣による物音であっても住人の生活音であると判断してしまい、堂々と空き巣被害を受けてしまうということがあります。

空き巣は住んでいる人間の生活パターンを観察している

このような思い込みは特に親の世帯に起こりやすいのですが、親の世帯ならではの注意点として他にも特徴的なのは、スペアキーの扱いが無頓着であるという部分です。

親世代は現在よりも防犯について無意識的な生活をしてきたため、スペアキーを扉の近くにある物の陰や下に置くといった保管方法をとったり、そもそも外出時に鍵をかける習慣が無いといった事も珍しくありません。

空き巣を企んでいる者は、住んでいる人間の生活パターンなどの特徴をよく観察しています。

そのため、鍵の保管方法を疎かにしていれば隠し場所をすぐに特定し、まるで自宅のように鍵を使用し堂々と侵入されてしまいます。

二世帯住宅での防犯対策に必要なこと

二世帯住宅に住むうえで気を付けなくてはならないのが防犯意識の低下です。どうしても、多くの人数が一緒に暮らしていることでついつい防犯意識が緩んでしまいます。

二世帯住宅を狙った空き巣被害に遭わないためには、お互いの世帯で約束事をきちんと決めておくということが大切になります。

例えば、外出する場合には必ず声をかけ、何時ごろに帰宅するのかどのような用事なのかなど、お互いの行動を把握しておくことで予定外のことが起きた時に「あれ?おかしいな」というように異変を察知することができるようになります。

それでも、世帯同士でなかなかコミュニケーションがとることができないという場合は、セキュリティ会社のサービスを利用するのも一つの手でしょう。最近では二世帯住宅で暮らす家庭が多くなり、セキュリティ会社も二世帯住宅専用のホームセキュリティサービスを充実させています。

ホームセキュリティサービスを利用することで、お互いの世帯の防犯面を変に意識することがなくなるため、今までストレスに感じていたことからも解放された生活を送ることができます。

二世帯住宅専用のホームセキュリティサービスについて詳しく知りたい方は、下記の関連記事を読んでみてください。当サイトがおすすめするセキュリティ会社について詳しく知ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.