空き巣の抑止効果になる!セコムやアルソックのステッカーの防犯効果

ホームセキュリティを導入すると、契約した警備会社のセキュリティステッカーを建物の扉や窓に貼ることができます。

実は、このステッカーには空き巣の抑止効果があると言われていて手軽な防犯対策として人気の方法です。なかにはホームセキュリティは導入しないけどステッカーだけ欲しいと言う人もいるほどです。

警備会社のステッカーを手に入れるには

ステッカーを手に入れるには警備会社と契約してホームセキュリティを導入する以外に方法はありません。

そもそも警備会社のステッカーは、『この建物は○○のホームセキュリティを導入していますよ』という印です。ホームセキュリティを導入していなければステッカーを貼ることはできないのです。

警備会社のステッカーの販売は違法行為になる

警備会社と契約しホームセキュリティを導入しなければステッカーを貼ることはできません。

しかし、ネットオークションなどを見てみるとセコムやアルソックのステッカーを取引している人がたくさんいます。

このように警備会社のステッカーを販売することは違法行為となり法律で禁止とされています。セコムアルソックのステッカーについて)

「なんだこんなところで手に入るじゃないか」と安易な考えで手に入れないように注意しましょう。

MEMO
販売以外にも、購入・譲渡・貸与・処分することも販売と同じく違法行為になります。ステッカーはホームセキュリティを導入する以外は手に入らないと覚えておきましょう。

ステッカーが販売されない理由

ステッカーが販売されていないのにはきちんと理由があります。

前述のとおり、ホームセキュリティを導入した建物のみステッカーを貼ることが許されています。

では、ホームセキュリティを導入していない建物にセコムやアルソックのステッカーを貼って、その家が空き巣被害にあったらどうなりますか?

「あそこの家はホームセキュリティを導入していたはずなのに空き巣被害にあってしまった」何も知らない人間からしたらこのように感じるのではないでしょうか。

警備会社はお客様に安心感を与えるのが仕事です。このようなことが起きてしまえば警備会社の評価はガクッと落ち、信頼が失われてしまいます。

ステッカーは警備会社の所有物

もし、ホームセキュリティを導入してステッカーを手に入れたとしてもステッカーが自分の物になるわけではありません。

ステッカーは、『警備会社の所有物』です。ホームセキュリティを導入している期間だけ、警備会社からステッカーを借りているということになっています。

借りたものは返すのが道理です。警備会社との契約が終了した時にはステッカーを返却することになります。ステッカーを紛失させないように注意しましょう。

ステッカーが空き巣の抑止効果になる理由

では、本題の警備会社のステッカーが空き巣の抑止効果になる理由です。

空き巣には、その場で思い立って犯行に及ぶタイプと事前調査をしながら計画的に犯行に及ぶタイプがいます。どちらのタイプの空き巣も1つだけ共通している考え方があります。

それは、『犯行が成功するかどうか』です。まず、空き巣は周りの環境や家の作りを見ながら侵入できそうな家を見つけます。

あなたの家はいくつ該当する?泥棒が好む10のポイント

では、同じ条件が揃った侵入できそうな2軒の家があったとします。1つだけ違う部分は、ホームセキュリティを導入している家か、していない家かの違いだけです。

空き巣の視点から見たときホームセキュリティを導入している家としていない家、どちらの家に侵入しようと考えるでしょう。よっぽどのことがない限りホームセキュリティを導入していない家に侵入しようと考えるのではないでしょうか。

ステッカーが空き巣の抑止効果になると言われている理由は、防犯対策をしっかりしていると思わせ、侵入できそうな家の候補から自分の家を外すためです。

そのために、わざわざ玄関扉や窓のような見えやすい場所にステッカーを貼っているのです。

どうしてもステッカーだけ欲しい方は

ホームセキュリティは導入できないけどステッカーでの防犯対策はしたいという方は、市販されているステッカーを購入しましょう。

ステッカーを利用して防犯対策をしようとしている方にとっては十分満足できるものとなっています。

ステッカーを購入するなら目立つものを選ぶ

ステッカーに書かれている内容は、『防犯カメラ作動中』『警備システム作動中』など防犯対策をしていることを相手に伝えるような内容となっています。どのステッカーを選んだとしても書いてある内容はほとんど変わりません。

ステッカーを選ぶポイントは見た目です。空き巣が下見をする際、遠くからでも気付くようなデザインのステッカーを選ぶようにしましょう。

ステッカーを市販で購入する際は、赤や黄色のような警告色のステッカーを選ぶのがおススメです。赤や黄色には、人間の本能を刺激させ危険を感じさせる効果があると言われています。

黒や灰色のような色では夜中などは気付きにくいのでステッカーの防犯効果を発揮しにくくなります。

ダミーカメラを一緒に購入することで防犯効果を高める

ステッカーを購入するときは、ダミーの防犯カメラを一緒に購入するとさらに防犯効果が高まります。

ステッカーを扉や窓に貼っていても、防犯対策をしていないことがバレてしまえばステッカーを貼っている意味がありません。

ダミーの防犯カメラを利用するポイントは、相手にどれだけ防犯対策をしていることを気付いてもらうかです。玄関扉や視界が悪く侵入しやすそうな場所に設置しましょう。

注意
ダミーの防犯カメラは、あくまで防犯対策をしているように見せかけるだけです。理想的なのは本物の防犯カメラを設置することです。

自分で防犯対策する場合はすべて自己責任

ステッカーやダミーカメラを使って防犯対策をするときに注意しなくてはならないことがあります。

それは、万が一空き巣被害にあってしまっても誰も助けてくれないということです。

空き巣の中には、何年も犯行を繰り返し、盗んだ金品をお金に変え生活をしている人間が存在します。言ってしまえば空き巣のプロです。

そのプロたちは何年も犯行を繰り返しているわけですから、ダミーカメラの特徴などもよく理解していて本物か偽物かの区別はすぐにつきます。もし防犯対策を破られてしまえば、あとは侵入され被害にあうだけです。

そのことを考えると、一番安全な防犯対策は警備会社と契約してホームセキュリティを導入することです。

ホームセキュリティを導入してしまえば24時間365日防犯のプロに安全を見守ってもらえます。万が一の時にもセキュリティスタッフが自宅まで駆けつけてくれます。

自分で防犯対策をするには限界があります。本当に大切な家や家族を守りたいのであればホームセキュリティを導入することをおススメします。

一括資料請求はこちら(無料)

【ズバット】ホームセキュリティ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.