防犯面は大丈夫?空き巣に狙われないマンションに単身引越しするときの注意点

一人暮らしの部屋を狙って犯行に及ぶ空き巣はたくさんいます。理由は単純で住んでいる人間が1人しかいないため犯行がしやすいからです。生活パターンを知られてしまえば被害に遭うのは時間の問題です。

しかし、きちんと対策を行うことにより一人暮らしでも安全な生活をおくることができます。

この記事では、マンションに単身引越しする場合の防犯面の注意点や対策について説明しています。これから一人暮らしをしようと考えている方にピッタリの記事となっています。

空き巣が一人暮らしの部屋を狙いやすい理由を知りたい方は、一人暮らしを狙ってる?空き巣がワンルームマンションを狙う理由はこれだを読んでみてください。

マンションに単身引越しする時にチェックしたい防犯面

単身引越しをする時には防犯対策を考えるのが常識です。単身引越しが出来るマンションには単身者しか住んでいないので、当然空き巣に狙われる確率が高くなります。

空き巣に狙われないようにするには、防犯対策をしっかり行っているセキュリティーの高いマンションに単身引越しをする事が大切です。

マンションのセキュリティーには様々な物がありますが、部外者の侵入が難しいオートロック付きマンションなら安心感を得ることが出来ます。オートロックを突破するためには他の入居者と一緒に出入りする以外の手段がありませんので、不審者がマンションに入る可能性を減らすことが可能です。

玄関扉の鍵を注意するのは常識の1つ

次は建物の防犯対策に目を向ける必要があります。まずは、玄関扉の鍵をチェックしてみましょう。

取り付けてある鍵のタイプがディスクシリンダー型の鍵であった場合はピッキングで容易に開けることが可能なためとても危険です。

空き巣被害を受けないためにはディンプルシリンダー型の特殊な鍵に変えたり、他の補助鍵をつけるなどして対策することが重要になります。ホームセンターなどでも補助鍵は販売していますし、インターネットを利用しても補助鍵は手に入れることができます。

鍵をいくつも扉に付けてしまうので面倒に感じるかも知れませんが、少しの防犯対策をすることで空き巣に入られることが無くなりますので単身引越しをする場合の常識の1つとして覚えておくと良いでしょう。

玄関扉を狙った空き巣の手口『施錠開け』について詳しく知りたい方は施錠開け被害を防止する4つお秘密と1つの王道をご覧ください。施錠開けに強い鍵のことについても詳しく知ることができます。

マンションのベランダは空き巣の出入り口になりやすい

また、マンションに住むうえで特に注意しておきたいのがベランダの窓から侵入されてしまうという危険性です。

マンションの周りには足場になりやすい建物や塀があることが多いため、一戸建て住宅と比べマンションのほうがベランダから侵入されやすい特徴があります。

マンションに引越しする場合には低層階に引越しをするのではなく、出来るだけ高層階に住むことが大切です。低層階なら簡単に窓から侵入する事ができますが、高層階の場合は窓から侵入する事が難しいので空き巣被害に遭う可能性を低くすることができます。

管理人は住人の強い味方

そのほかにも、管理人が常駐しているマンションを選ぶことでより防犯面で役に立ちます。

物件によっては24時間管理人が常駐している所もあり、部外者が完全に入ることが出来ないマンションもあります。管理人は警備員も兼任しており、マンションの見回りを行ってくれることも多いので、万が一部外者が入り込んでしまっても直ぐに対応してくれるという心強さがあります。

管理人が居る所であれば、荷物の受け取りなども代わりに行ってもらうことが出来るので、日中仕事が忙しくて留守がちな方でも安心して暮らすことが出来ます。

防犯カメラが設置してあるかどうかを確認するのも当たり前のこと

更に防犯対策として、防犯カメラがマンション内にあるかどうか確認をするのも常識です。

カメラがあれば何かしらの被害にあった場合にも直ぐに確認することが出来るので、不審者を特定することに大いに役立ちます。

24時間録画をしているカメラが付いているマンションなら特に安心です。(なかには、ある一定の時間内でしか録画をしていないというマンションもあるようです…)

カメラが見当たらない場合にはカメラがあるのかないのか確認をするのとカメラが設置されていた場合でもダミーでないか確認をすることが大切になります。

ダミーの場合は抑止力として効果はありますが、実際空き巣に入られた場合には録画ができているわけではないので役に立たないため注意が必要です。

このように、初めて一人暮らしをする場合には防犯対策を色々考えるということが世の中の常識になりつつあります。何の対策もせずに一人暮らしを始めるのはとても危険なことなのです。

個人の対策では限界があることも理解しなくてはならない

外部から部屋への侵入を防ぐことが出来るグッズがたくさん販売されています。インターネットを利用して購入しておくとより安心して暮らすことが出来ます。

安価な物から高価な物まで沢山ありますが、一つでも取り付ける事で空き巣にとっては絶大な効果を発揮することのできるグッズもあります。なにも対策をしていない場合は「どうぞ入ってください」と言っているようなものです。これでは空き巣に入られても文句をいうことができません。

しかし、防犯グッズを購入してきて自分で防犯対策をするのは自信がないなという方もなかにはいます。そんな方はホームセキュリティを利用するというのも一つの手です。

どうしても防犯対策に慣れていない人がすると素人目線の対策にしかなりません。プロの空き巣からしたら素人の対策など防犯対策していないのと同じことなのです。

しかし、ホームセキュリティを利用し防犯のプロに任せてしまえば、場慣れした空き巣といえどそう簡単には侵入することができません。

そもそも空き巣は外からホームセキュリティを利用している家かどうかを判断することができるため、ホームセキュリティを利用している部屋とわかった時点で、ほとんどの空き巣は侵入することを諦めてしまいます。

個人の力で防犯対策をしようと思うとどうしても限界があります。ホームセキュリティを利用して防犯のプロに守ってもらう安心感を味わってみるのも1つの方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.