雨戸に防犯効果はあるの?空き巣に狙われない工夫をしよう

窓からの侵入を防ぐため、窓を防犯ガラスに変えたり防犯フィルムを貼ることは窓周辺の防犯対策として皆さんご存知かと思います。窓の他には、簡単に破られない網戸を設置して防犯対策をしている方もいます。

では、雨戸の防犯についてはみなさんどうお考えになっているのでしょう?そもそも雨戸に防犯効果があるのかという疑問を持つ人もいるのではないでしょうか。

そこで、この記事では雨戸がどのような防犯効果をもたらすのか詳しく見ていきたいと思います。

雨戸に防犯効果はあるのか

まず、雨戸を閉めることにより防犯効果はあるのか、ないのかという疑問についてですが、結論から申し上げると『あります』。雨戸を開けたままよりは閉めているほうが防犯上安全と言えるでしょう。

しかし、状況によっては雨戸を開けたままにしておいたほうが良い場合もありますので、そこらへんを説明していきたいと思います。

雨戸に防犯効果がある理由

『金品がたくさんあるが防犯対策がしっかりされている家』『少しの金品しかないが防犯対策を全くしていない家』

泥棒がどちらの家のタイプを好むかというと『少しの金品しかないが防犯対策を全くしていない家』です。

その家にたくさんの金品があるのか、ないのかは泥棒からしたらそこまで問題ではありません。(理由を知りたい方はこちら)泥棒は犯行がバレず簡単に侵入できそうな家を探しています。

このことに注意して『雨戸に防犯効果がある理由』を見ていきましょう。

  1. 音によって周囲に気付かれる
  2. 室内の状況が確認できない
  3. 雨戸が閉まっていると時間がかかる

音によって周囲に気付かれる

泥棒は犯行を行う際、できるだけ周りに気付かれないように行動します。雨戸を開けるときにはガタガタと大きな音を立てながら開けなくてはいけません。その音に周りの人が気付いて犯行を見られてしまうリスクがあります。

室内の状況が確認できない

雨戸が閉まっているということは、外から室内の状況がわかりません。室内の状況がわからないということは、家の住人が在宅中なのか外出中なのかを確認することができません。在宅中にもかかわらず雨戸を開けてしまえば、その時点で通報されてしまいます。

雨戸が閉まっていると時間がかかる

同じタイプの窓が付いている家が2つあるとします。2つの家の違いは、雨戸が『開いている』『閉まっている』の違いだけです。

どちらの家のほうが早く侵入できるでしょうか?

考えるまでもなく雨戸が『開いている』家です。雨戸が閉まっているということは、雨戸を開ける時間がそれだけかかってしまいます。1秒でも早く犯行を終わらせたい泥棒からすると、雨戸の閉まっている家は避けたいと考えるのが自然でしょう。

このことからわかるように雨戸の閉まっている家に侵入するのは、泥棒にとって非常にリスクがあるため雨戸を閉めることにより防犯効果が高くなると言えるのです。

状況によって雨戸を開けといたほうが良い場合もある

雨戸を閉めたほうが泥棒に狙われにくくなると説明しましたが、どんな時でも雨戸を閉めたままのほうが良いというわけではありません。

雨戸を閉めていたことにより空き巣被害に合ってしまったということも過去にはあるため、状況によっては雨戸を開けたままのほうが良い場合もあります。

 短期不在時には雨戸を開けたままにする

ここでの短期不在時とは、学校や仕事で外出し夜には帰宅するような状況です。

昼間の時間帯に家にいるときは雨戸を開けて過ごしている人が多いと思います。雨戸を閉めたままでは外からの光が入らず室内が暗いまま過ごすことになりますし、室内が暗いままでは気分まで暗くなってしまいます。

もし、昼間の時間帯にもかかわらず雨戸が閉まっている家を見かけたらあなたはどのように感じますか?

「あそこの家の人は出かけているのかな」と感じる人が多いのではないでしょうか。雨戸が閉まっているということは、『今その家には誰もいませんよ』と知らせてしまうことにつながる可能性があるのです。

泥棒は侵入しやすそうな家を探すため事前に下見作業を行う場合があります。家の人間が不在でも雨戸を閉めていく家とバレてしまえば、雨戸を閉めることにより防犯効果が高くなるとしても逆効果になってしまいます。

このことから、短期不在時には雨戸を開けて『家に誰かがいる』とアピールしたほうが良いのです。

とは言っても、家に誰もいないのに雨戸を開けて外出するのは防犯上あまり良いものではありませんので、ホームセキュリティの導入や窓に防犯グッズを設置するなどして、さまざまな角度から防犯対策をするようにしましょう。

 長期不在の場合にはどうする?

旅行や出張のような数日、または数カ月の間家を空けるような状況では、基本的に雨戸を閉めたままにしておくようにしましょう。

昼間に雨戸が開いているのは自然なことですが、夜中にもかかわらず雨戸が開いていてはとても不自然です。それが毎日ともなれば、その家に誰もいないことが簡単にわかってしまいます。

『短期不在時には雨戸を開けたままにする』では昼間の時間帯に雨戸が閉まっているのは不自然と説明していますが、長期不在のような場合では仕方ありません。数日~数カ月の間雨戸を開けたままにしておくより、少し不自然でも雨戸を閉めておいたほうが安全なのは間違いありません。

もう1つ長期不在時には気を付けなくてはならないことがあります。

長期不在時には、郵便受けに新聞などの郵便物が溜まってしまうことがあります。泥棒は郵便物の溜まり具合から家の人間が不在かどうかを確認する場合があります。

このことを防ぐために、長期不在になる場合には新聞の配達を止めてもらう連絡や警備会社のセキュリティサービスを利用し泥棒に狙われない工夫をするようにしましょう。

まとめ

雨戸を閉めることにより防犯効果が高くなる理由を見てきました。

しかし、雨戸を閉めておくだけで泥棒の侵入被害を防げるのかというとそうではありません。雨戸の開け閉めは、あくまで防犯対策の1つです。

いくら泥棒が雨戸の閉まっている家を避けやすいからと言っても、避けやすいだけで侵入されないわけではありません。プロの泥棒であればいとも簡単に侵入することができます。

防犯対策というのは、さまざまな部分の対策をして初めて防犯対策になるのです。窓からの侵入が怖いのであれば、窓の防犯対策を、防犯のプロに守ってもらいたいならホームセキュリティの導入をするなど、あなたの生活環境に合わせて防犯対策をしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.