契約件数No.1!安全・安心の防犯対策はセコムのホームセキュリティサービス

「セコムしてますか?」

ホームセキュリティのことを全く知らない方でも一度は耳にしたことのあるセリフです。

日本で初めて警備保障会社として創業したのがセコムです。創業当初は、巡回警備や、常駐警備などが主なサービス内容で、1964年開催の東京オリンピックの選手村を警備を担当をしたことが飛躍のきっかけになったと言われています。

また、1965年にセコムをモデルにしたテレビドラマ「ザ・ガードマン」が大ヒットし一気に知名度が上がりました。

今となっては「ホームセキュリティの会社と言えば?」と質問すれば「セコム」と、ほとんどの方が答えるほど日本を代表する警備会社になっています。

▼セコムの資料請求はこちら(無料)▼
HS系

セコムの特徴

セコムのホームセキュリティサービスの4つの特徴を紹介します。

契約件数No.1

セコムはホームセキュリティ契約件数業界No.1の警備会社です。

2017年3月時点で約121万1000件もの契約件数になっています。セコムに次ぐ、国内シェア2番手のアルソックの契約件数を見てみると、2017年4月時点で、106万件になります。

圧倒的な国内シェアを誇り、他の会社を寄せ付けないほどの契約件数になっています。

緊急発信拠点も業界No.1

セコムは契約件数とともに、緊急発進拠点も業界No.1です。

セコムには約2800ヵ所の緊急発進拠点があります。(2017年3月時点)緊急発進拠点の多さが、スピーディーな駆けつけを可能にします。ホームセキュリティを導入していても、万が一の事態にいち早く駆けつけてくれなければ意味がありません。

異常発生時に安全のプロが迅速に駆けつけるため、事前に最適なルートを検証するなど体制を整えています。

4つの警備モード搭載

外出セコムモード

家族全員が外出など自宅に誰もいない状態の時に使用するモード。

在宅モード
在宅時に窓などを開けている状態の時は在宅モードを使用します。

侵入を監視するセンサーはオフの状態ですが、火災監視、非常通報は機能します。

在宅セコムモード
在宅中もドアや窓の侵入を監視するセンサーを警戒状態にします。

部分セットモード
2階の部屋だけなど、部分的に警戒状態にするモードです。

細かな設定ができるので、とても便利な機能になっています。

すべてのプランに補償制度を標準付帯

セコムには万が一被害にあわれてしまった時の補償制度があります。

被害状況によって保障されている金額は変わりますが、万が一のことを考えると安心できるサービスになっています。

盗難保険金および免責金額

保険の対象保険金額免責金額
現金・貴金属・美術品等50万円1事故につき5,000円
家財200万円

建物損害修復費用見舞金

損害額見舞金お支払額
100万円以上100万円

10万円以上、100万円未満

(10万円未満の損害は適用になりません)

損害額の範囲で、かつ、10万円単位の金額

(10万円未満の端数金額は切り捨てとします)

防犯以外のサービスも充実

ホームセキュリティと聞くと、空き巣被害などから家を守るものと考えがちですが、セコムは防犯サービス以外にも、高齢者のためのサービスや子どもを守るためのサービスも豊富です。

ホームセキュリティプラン

セコムのおすすめホームセキュリティプランは2つあります。

セコム・ホームセキュリティの比較の仕方は、一戸建て住宅、マンション(戸建て小規模)のどちらに住んでいるによって、導入するプランが変わります。

1番のセコム・ホームセキュリティNEOは一戸建てに住んでいる方用のプラン、2番のセコム・ホームセキュリティ スマートNEOはマンション(戸建て小規模)に住んでいる方におすすめなプランになっています。

  1. セコム・ホームセキュリティNEO
  2. セコム・ホームセキュリティ スマートNEO

セコム・ホームセキュリティNEO

セコム・ホームセキュリティNEOは一戸建て住宅に住んでいる方におすすめなプランになります。

セコム・ホームセキュリティNEOの基本サービスは『防犯サービス』『火災監視サービス』『非常通報サービス』の3つです。その他にも『ガス漏れ監視サービス』『緊急通報サービス』『安否見守りサービス』などの豊富なオプションサービスも提供しています。

サービス内容が充実していているので、セコム・ホームセキュリティNEOを導入しているユーザーからは多くの支持をされています。

セコム・ホームセキュリティNEOの特徴

セコム・ホームセキュリティNEOの3つの特徴を紹介します。

こちらの3つの特徴がセコム・ホームセキュリティ スマートNEOとの大きな違いになります。

小型卓上型コントローラー

どこの警備会社でも基本的にはホームセキュリティを導入すると、セキュリティ状態を変更するためのコントローラーを家の壁に設置します。

コントローラーは指定業者の手によって設置工事を行います。コントローラーを設置する際、家の壁に穴を開けて取り付けることが多く、家を傷つけたくないユーザーからは不満の声が上がっていました。

その問題点を解決したのが、セコム・ホームセキュリティNEOプランの小型卓上コントローラーです。

従来の壁に設置するようなコントローラーでなく、リビングのテーブルや台所など、ライフスタイルに合わせた置き場所を選ぶことができます。

気になるコントローラーの大きさですが、16cm×16cmとサイズは小さめです。シンプルな見た目が特徴的で、さまざまな場所に溶け込むようなオシャレなデザインになっています。

スマートホンでの操作可能

セコム・ホームセキュリティNEOならスマートフォンでの警備モードの切り替えも簡単に操作することができます。外出先で警備モードの切り替えを忘れたことに気がついても安心です。

また、現在の警備状態などもスマートフォンから見ることができるので大変便利な機能です。

警備区間は最大で5ブロック

警備モードにしたい区画を、最大5ブロックに分けることができるので、自分の好みに合わせた自由な設定が可能になっています。

スマートフォンから子どもの帰宅状況を確認できる

仕事が終わるのが遅く、家に帰るのが毎日夜遅くになってしまう方は、子どもが学校から無事に家に帰ってきているか心配になるはずです。

セコム・ホームセキュリティNEOの機能の一つで、セキュリティモードが変更されると、プッシュ通知でお知らせが来る機能がついています。その機能を使用すれば、子どもが無事帰ってきたことを確認することができます。

また、帰宅を確認後、きちんと警備モードになっているかなど、スマートフォンから確認ができるので、子どもがセキュリティをセットし忘れていても自分でセットすることができるので安心です。

セコム・ホームセキュリティNEO料金システム

セコム・ホームセキュリティNEOを契約すると『機種レンタルパック』『機種買取パック』のどちらかの料金プランを選ぶことになります。

どちらの料金プランも基本的には5年契約となっており、5年以降の契約につきましては、1年ごとの自動更新になっています。

機種レンタルパック

セコム・ホームセキュリティNEOを導入する際、必要な機種をレンタルしてホームセキュリティを使用する料金プランです。

契約スタート時の機種の買取金額がない分、初期費用を抑えてホームセキュリティを導入できます。

特徴としては、レンタルパックで使用できる機器の数量です。レンタルパックで使用できる機器の数量はあらかじめ決められているのですが、決められた数量内であれば、どんな組み合わせでも同一料金になります。

例えば、『窓・扉回りのセンサー7個、空間センサー1個』を取り付けたA宅と、『窓・扉回りのセンサー15個、空間センサー3個』を取り付けたB宅があったとします。一見、B宅のほうが機器を多く取り付けている分、毎月の支払額が多くなりそうに思いますが、どちらもレンタルパックの内容以内になるので同一料金となります。

レンタルパックに含まれている機器

  1. 主装置類一式
  2. 窓・扉回りセンサー 15個まで
  3. 空間センサー 3個まで
  4. 煙または熱センサー どちらか1個まで

※パックの個数を超える場合は、別途追加料金が必要になります。

料金プラン月額料金工事費保証金
レンタルパック6,800円(税別)58,000円(税別)20,000円(非課税)

機種買取パック

こちらのプランは名前の通り、必要な機器を自分で購入してセコム・ホームセキュリティNEOを導入するプランになります。

特徴としては、必要機種を最初に購入してしまえば毎月の支払額がレンタルパックよりも安くすることができます。

自分の気になる場所だけ防犯対策したいなど、数カ所分だけ機器を購入し設置することもできます。

※買取プランの料金システムは、取り付ける機器の数や建物構造によって異なるので、詳しく知りたい方は、資料請求(無料)や見積もり依頼をしましょう。

▼セコムの資料請求はこちら(無料)▼
HS系

セコム・ホームセキュリティ スマートNEO

セコム・ホームセキュリティ スマートNEOはマンションなどの部屋数の少ない建物に適したホームセキュリティです。

料金プランも、セコム・ホームセキュリティNEOと比べると利用しやすい料金になっています。

セコム・ホームセキュリティ スマートNEOの特徴

基本サービスやオプションサービスは、セコム・ホームセキュリティNEOと同じものとなります。

ここからはセコム・ホームセキュリティNEOとの違いを紹介していきます。

壁設置型コントローラー(ボタン式)

セコム・ホームセキュリティNEOでは卓上型コントローラーを採用していますが、セコム・ホームセキュリティ スマートNEOでは壁設置型コントローラーになります。

コントローラーの特徴としては、液晶画面ではなく、ボタン式のコントローラーです。大きさも180×240mmと少し大きめに作られています。

警備区間は最大で3ブロック

セコム・ホームセキュリティNEOでは警備区間を最大5ブロックまで対応することができましたが、セコム・ホームセキュリティ スマートNEOでは警備区間が最大3ブロックに対応しています。

マンション、小規模戸建てプランということもあり、警備区間が少なめに設定されています。

スマートフォン操作は非対応

スマートフォンから警備モードの『設定』『解除』ができたセコム・ホームセキュリティNEOと違い、セコム・ホームセキュリティ スマートNEOではスマートフォンでの操作ができなくなっています。

セコム・ホームセキュリティ スマートNEO料金システム

セコム・ホームセキュリティNEOと同様に『機種レンタルパック』『機種買取パック』の2つのプランから選ぶことになります。

レンタルパックに含まれる設置機器の数がセコム・ホームセキュリティNEOに比べ少なくなっています。

レンタルパックに含まれている機器

  1. 主装置類一式
  2. 窓・扉回りセンサー 3個まで
  3. 空間センサー 1個まで
  4. 煙または熱センサー どちらか1個まで

※パックの個数を超える場合は、別途追加料金が必要になります。

料金プラン月額料金工事費保証金
レンタルパック4,300円(税別)43,000円(税別)20,000円(非課税)

※買取プランの料金システムは、取り付ける機器の数や建物構造によって異なるので、詳しく知りたい方は、資料請求(無料)や見積もり依頼をしましょう。

▼セコムの資料請求はこちら(無料)▼
HS系

圧倒的な国内シェアを誇るセコム

他の警備会社には無いセコムの圧倒的な強みは会社名です。

住宅街を歩いていると、セコムのステッカーを貼っている家を良く見かけます。ステッカーを見るだけで「あそこはセコムしてるのか」「あの家は防犯対策が万全なんだな」と思ってしまうほど、セコムという会社名は世の中に知れ渡っています。

この考え方は泥棒の視点からも同じことが言えます。

わざわざセコムを導入している家を狙って空き巣に入るほど勇敢な泥棒はいません。泥棒も防犯対策がしっかりされている家は避けて、防犯対策のされていない家を探すのが自然な流れです。セコムを導入しているというだけで空き巣の抑止効果になります。

やはり誰もが知っている警備会社という事実が1番の防犯効果になるのです。

ホームセキュリティの導入をお考えなら、まずセコムに資料請求をすることをおすすめします。なぜなら、初めにセコムに資料請求しておくことで他のホームセキュリティサービスを比較する際の比較基準を作ることができるからです。業界大手であるセコムのサービスと他の会社のサービスではなにが違うのか、料金相場はいくらなのかなどを考えやすくなります。

後悔しないホームセキュリティ選びをするためには資料請求は必ず必要です。まずは、セコムに資料請求してみましょう。

セコムの資料請求はこちら(無料)

ホームセキュリティ高齢者

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.